ダダオとカネキチのウルトラケイリンロードダダオとカネキチのウルトラケイリンロード
2019.10.01

「前橋の預言」編

あらすじ
唯一ウルトラマンを倒した
怪獣界のスター「ゼンゾー(ゼットン)」
ダダオ(ダダ)とカネキチ(カネゴン)は
憧れのゼンゾーが
“肉体と頭脳で戦いを繰り広げる
”競輪に熱中しているという噂を入手!
その真偽を確かめるため、
競輪場に向かうのであった・・・。
登場人物
  • ダダオ

    ダダのダダオ(別名:三面怪人)

    3種類の顔を使い分けたり、 壁をすり抜けたりとさまざまな超能力を持つ。
    ゼンゾーを追うため、カネキチがいる地球にやってきた。
  • カネキチ

    カネゴンのカネキチ(別名:コイン怪獣)

    紙幣や硬貨を主食としており常に食べ続けないと死んでしまう。
    ひそかに地球に住み着いており、 ゼンゾーに憧れている。
  • ゼンゾー

    ゼットンのゼンゾーさん(別名:宇宙恐竜)

    ウルトラマンを倒した怪獣として、 怪獣界で崇められている。
    更なる高みを目指すため、競輪の魅力を探求している。
ダダオ
今回は前橋に来たのダ。そして、これが僕が地球に来た時の円盤ダ。
カネキチ
ダダオ君、こんな大きな円盤持ってたゴン!?駐車料金がバカにならないと思うゴン。
ダダオ
よく見なよ、カネキチ君。これは前橋競輪場なのダ。
カネキチ
ほ、本当だゴン。ド、ドーム型の競輪場なんてアリなんだゴン!
ダダオ
アリなのダ。前橋競輪場は雨天も関係なく競輪が楽しめるんダ!!
チャメット
前橋競輪場は競輪だけではなく、ライブや様々な事に使われているんだキリ。
カネキチ
き、君は誰だゴン!?
ダダオ
あ、あなたは前橋競輪場のマスコットキャラ チャメット君じゃないですダ!?
チャメット
そうだキリ。僕が前橋競輪場のマスコットキャラ チャメットだキリ。
カネキチ
な、なんか変だゴン。
ダダオ
君がチャメット君だったら、あっちでお客さんを案内しているチャメット君は誰なのダ?
チャメット
よくわかったキリね。そう私は……。
キリエ
キリエル人のキリエなのです!
ダダオ
あなたが有名なキリエロイドのキリエさんですか!?
カネキチ
マスコットキャラに化けるなんてメトロン星人のセッター君みたいなんだゴン。
ダダオ
知的な宇宙人は化けて潜入するのが得意なのダ。
キリエ
まぁ、自慢じゃないですが肉弾戦も得意です。「獄炎弾」という炎も出せます。
カネキチ
充分自慢なんだゴン。でも、オールラウンダーな宇宙人でスゴイゴン。
キリエ
私たちキリエル人は古代から地球にいるので正確には地球人なのです。そこ、お間違いなく。
ダダオ
そうなのダ!?でも語尾の「キリ」がなくなったのは何故なのダ?
キリエ
君たちに早く正体を見破ってもらうための配慮です。言うなればキャラ付け。
カネキチ
キ、キャラ付け…ゴン。
キリエ
さて、本物のチャメット君がお客さんを案内していたのは前橋競輪場名物のフードコートです。
キリエ
まずは登利平。昭和28年創業の老舗「上州御用鳥めし」。
ダダオ
美味しそうなのダ。しかも、お弁当としてお持ち帰りも出来るのダ。
キリエ
そうなのです。いつでも一級品の鳥めしを味わうことが出来るのです。
カネキチ
こっちに、あるのはカレー屋さんのスワンだゴン。
キリエ
なんと、メニューはカレーライスとヒレカツカレーの二種類のみ!
カネキチ
強気なんだゴン。それだけ味に自信があるんだゴン!!
キリエ
ヒレカツ(勝つ)カレーだからレース前に運気を上げるために食べる人もいますね。
カネキチ
うーん、僕もお金以外が食べれたら食べてみたいんだゴン。
ダダオ
僕は鳥めしもヒレカツカレーも両方食べる。いただきまーすダ。
キリエ
さて、腹ごしらえもすんだところで本題いきましょう。この時期に前橋競輪場に来たという事は寬仁親王牌が目当てでしょう?
カネキチ
ともひとしんのうはいゴン?
ダダオ
10月11日から(12日は台風の影響で中止)15日まで前橋競輪場では寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントが開催されるんダ
カネキチ
ダダオ君知ってたゴン?
ダダオ
うん、でもすごいレースがあるって事だけしか知らないのダ……。
キリエ
寬仁親王殿下が世界選手権自転車競技大会の名誉総裁だったことから、その名がついた由緒あるレースなんですよ。
キリエ
このレースの去年の優勝者は脇本雄太選手。この名前聞き覚えありませんか?
カネキチ
うーん……あ!松戸競輪のG1日本選手権競輪で優勝した選手ゴン!!
ダダオ
僕らがはじめていった競輪場ダ。まさか去年の寬仁親王牌も脇本選手が優勝だったとは思わなかったのダ。
キリエ
競輪は色々なレースの勝敗が繋がっているところにも魅力があるんですよ。
ダダオ
僕たちの、これまでの旅が繋がっているんダ。
カネキチ
感慨深いんだゴン。
カネキチ
わ~、屋内の競輪場って、はじめてだけど秘密基地みたいなんだゴン。
ダダオ
地球が護れそうな秘密兵器が格納できそうなのダ。
ダダオ
これがドーム型の競輪場……ん?カネキチ君、これって?
カネキチ
なんだか温度が丁度良いんだゴン。
キリエ
屋内だからこそ出来る冷暖房完備の競輪場。それが前橋競輪場なのです。
ダダオ
天候を気にせずいつでも快適に競輪を楽しめるって事なのダ。
キリエ
そして、おなじみのバンク情報。前橋競輪場の周長は335m!5Zといったところかな。
カネキチ
5Zってなんだゴン?
ダダオ
新型スマホみたいなのダ。
キリエ
ゼンゾーさん5体分という事ですね。
カネキチ
屋根がついてるからいつものゼンゾーさん比較ができないゴン・・・
カネキチ
ついにゼンゾーさん単位になってしまったんだゴン。
ダダオ
5Zに気を取られたけど、周長がちょっと短いかんじなのダ。
キリエ
よく気付きましたね。周長だけではありませんかカント(角度)にも注目してください。
カネキチ
ものすごく急なんだゴン。自転車のスピードで走ったら怖いんだゴン。
キリエ
ここは先行型の選手が圧倒的に有利。常に攻めの姿勢が重要視されます。
キリエ
屋内なので風の影響も一切ありません。つまり選手の力のみで競うのです。
キリエ
決まり手は捲り、差しが多いですが逃げの勝率も他の競輪場に比べると高いです。
カネキチ
正に選手の地力勝負なんだゴン。これは厳しいんだゴン。
ダダオ
こんなバンクは見た事ないのダ。これは車券を買うのが楽しみになってきたのダ。
カネキチ
寬仁親王牌、一体誰が優勝するのか予想がつかないんだゴン。
ダダオ
確か、キリエル人は人間たちに預言者として現れたんですダ?
カネキチ
そうなのゴン?キリエさんの預言で優勝者を占って欲しいんだゴン。
キリエ
良いでしょう。寬仁親王牌は……
ダダオ
カネキチ
ゴクリ……ダ/……ゴン。
キリエ
私の預言を超えた白熱したレースとなるでしょう!!
ダダオ
カネキチ
勝敗じゃないのダ/ゴーン!!
キリエ
選手たちは日夜血の滲むような練習をしています。軽々しく預言で勝敗を予想なんて失礼で出来ません。
キリエ
それに競輪は楽しむことが大事ですからね。
ダダオ
確かに、そうですダ。ハズレても次こそ当てようって気になるのダ。
カネキチ
はじめて車券を買った時はドキドキしたゴン。
ダダオ
キリエさん大事なことを思い出させてくれてありがとうなのダ。
キリエ
預言は出来なくても予想は出来ます。
キリエ
今回のゼンゾーさんのコラムには選手の「脚見せ」と「ライン」について説明してあります。
ダダオ
脚見せなのダ?
カネキチ
ラインゴン?
キリエ
脚見せは、はじまる前に選手が走りますよね。あれは選手紹介だけではなく深い意味があるのです。
ダダオ
ウォーミングアップだと思ったたのダ!
キリエ
ラインは、レース中に何組か集団で走りますよね。あれは何となく集団で走っているのではないのす。
カネキチ
ノリとか流れで自然と集団になるんじゃないゴン!
キリエ
詳しくはゼンゾーさんのコラムを読んで見てください。
ダダオ
カネキチ
絶対読むのダ!/ゴン!
キリエ
寬仁親王牌を一緒に楽しみましょう!!
ダダオ
カネキチ
ダ――――/ゴンーーーー!
おしまい

ゼンゾーコラム vol.3
脚見せやラインについて

選手紹介 脚見せ

ゼンゾー
地球人の皆、ちゃんと選手を調べているかな? 今日は選手の「脚見せ」について紹介するゼ。
ゼンゾー
脚見せは簡単にいうと選手紹介だゼ。 レース前に選手がバンクを周回するゼ。つまりレースの予行練習なんだゼ。
ゼンゾー
データや勝率だけじゃ測れないもの、「ライン」が脚見せでわかるんだゼ!
ゼンゾー
焦って車券を買わずに脚見せをチェックしてからのほうが絶対良いし、面白いゼ!

ラインって何?

ゼンゾー
競輪は個人競技と思われがちだが、ラインと呼ばれるチームになって走るんだゼ。
ゼンゾー
先行が得意だったり、捲りが得意だったり選手の脚質は様々だゼ。 そんな選手たちを1人で相手をするのは限界があるんだゼ。だからチームで走るんだゼ。
ゼンゾー
勝利のために、時にはライバルと手を組む。そこに競輪の面白さがあるゼ。
ゼンゾー
一般的には選手の登録地や地区が一緒だとラインが組まれやすいゼ。 登録地だけじゃなく、競輪学校(現 日本競輪選手養成所)時代の同期でもラインを組む事が多いゼ。
ゼンゾー
お互いの実力を認め合えてこそのラインなんだゼ。

 ラインの主なパターン

ゼンゾー
ラインの基本は自ら風を受けて走る「自力型」と最後に追い込む「他力型」があるゼ。 自力型の後を他力型が走るのがパターンだゼ。
ゼンゾー
自力型は先行タイプ捲りタイプに分かれるゼ。他力型は追い込みタイプだゼ。
ゼンゾー
ラインが3つに分かれることを3分戦と言うゼ。 自力型を先頭にしたラインの後ろに他力型が着いて走るゼ。
ゼンゾー
人数はレースに出走する選手の脚質よって変わってくるゼ。
ゼンゾー
4分戦は4つのラインに分かれることを言うゼ。3人、2人、2人、2人と短いラインが並ぶことが多いので「細切れ戦」とも呼ばれているゼ。 4分戦は自力型の選手が多いときになりやすいゼ。
ゼンゾー
ラインが増えれば、その分レース展開も増えるゼ。

 ラインの2番手の役割

ゼンゾー
ラインの先頭に勝敗が左右されそう見えるけど2番手も重要だゼ。 2番手の役割は先頭の先行選手の意図を読んで他のラインをコントロールすることだゼ。
ゼンゾー
代表的な役割を2つ紹介しておくゼ。

ブロック

ゼンゾー
後方のラインの選手が捲りで抜かそうとした時に、ブロックするゼ。
ゼンゾー
後ろを警戒し、いつ飛び出してくるか見極める判断力が必要なんだゼ。

車間を空ける

ゼンゾー
先行選手と後方から来る捲り選手の間に入って、追い上げる距離を伸ばしてけん制するゼ。
ゼンゾー
先行選手が先にいってしまえば後方ほ選手は当然焦る。心理的かけ引きもあるんだゼ。
ゼンゾー
前回と合わせて選手のことを、より理解してもらえたと思うゼ。
ゼンゾー
様々な選手の脚質が1つのレースに集約した競走は面白いと思うゼ。 競輪は、知れば知るほど奥が深い競技だゼ。
ゼンゾー
次回も競輪場で待っているゼ。